歴史小説を三冊ほど

0
    しばらく歴史小説をガマンしていたのですが、
    ここのところ、怒涛のごとく読みふけっております。

    以前にも紹介した、宮城谷昌光氏 著「新三河物語」。

    全三巻の長編ですが、あっという間に読み終わりました。
    こうゆう骨太な歴史小説を書く作家がいてくれて、
    うれしいですな。

    次に読んだのは、司馬遼太郎著「王城の護衛者」


    幕末の会津藩主、松平容保の話をはじめとする、
    短編集です。
    以前に行基寺に行ったときから、
    高須四兄弟(慶勝、容保、定敬、茂徳)には興味が
    あったので、それを読んでみました。

    思ってたとおり、容保は純粋な人だったんですよね〜
    彼の写真が残っていますが、
    学があり、真面目な様子が今に伝わってきます。
    今でも会津の人たちは容保を偲んでいると聞きますが、
    気持ちがわかるような気がします。

    次は、城山三郎著「冬の派閥」


    同じく、高須四兄弟、容保の兄の徳川慶勝の話です。
    尾張徳川家最後の藩主でもあります。

    慶勝の写真も残っていますが、彼もまた真面目。
    小説の中でも、その様子が描かれています。

    愛知、名古屋の地は、
    歴史的に有名な人をたくさん輩出しているのですが、
    あまりにも多すぎるのか、感覚が麻痺してしまっているのか、
    どうも地元の人たちの、歴史に対する興味が薄いような気がします。
    どこの土地でもそうなのかな?
    ちなみに高須は、現在は岐阜県海津市ですが、
    江戸時代は尾張藩の支藩でした。

    維新後の四兄弟が全員で写っている写真が残っていますが、
    歴史を知ると、この写真一枚見るだけで、かなり感動できます。

    天地人キャスティング

    0
      個人的に気になって仕方が無い、
      NHK大河ドラマ「天地人」のキャスティング。

      徐々に末端の登場人物の配役も明らかになってきた。

      小早川秀秋=バカ=上地雄輔。
      いいんじゃないかな。
      でも本当は、愚将を演じるにはかなりの演技力が必要だ。
      バカにバカの役をやらせる、というのは間違っている。

      真田幸村…城田優
      はぁ・・人気取りですか
      まてまて。昌幸のほうが大事だろ。
      昌幸は誰がやるのだ。

      石田三成・・・小栗旬
      よくわからんが、雰囲気的には合ってるんじゃないの

      ここまでが、今回新たに発表された配役。
      前回は「三傑」の配役が発表された。

      織田信長・・・吉川晃司
      やっちまったなぁ!

      豊臣秀吉・・・笹野高史
      雰囲気的には合っている。
      でも信長より10歳以上も年上の秀吉って・・

      徳川家康・・・松方弘樹
      大物俳優を持ってこればいい、と思ってないか。
      仁侠映画みたいになっちゃうじゃんかよ。

      なんだか、後になればなるほど、微妙になってきた。


      行基寺

      0
        ずいぶん前の話で恐縮だが、今年の6月、
        岐阜県海津市の行基寺(ぎょうきじ)に行ってきた。

        以前に海津市歴史民族資料館を訪れた際、
        その存在を知って、ずっと行きたいと思っていたのだ。

        天平時代の僧侶である行基が開基と伝えられるお寺は全国にたくさんあるが、愛知県内にも多い。

        行基はこの寺で入滅したと伝わる。
        (通説では菅原寺で入滅したといわれている)

        ワシが興味を持ったのはそのことではなく、
        高須松平藩の菩提寺であった、ということ。
        高須藩は尾張藩の支藩で、尾張徳川家当主に子が無い場合、
        高須藩から藩主を輩出した。
        つまり、尾張徳川家の血統のプールされている土地だったわけだ。
        行基時はその高須藩ゆかりの寺で、
        明治時代になるまでは、一般の人の参拝は許されなかったという。
        つまり入ることができたのは、高須松平家の縁者か、
        僧侶のみだったわけだ。

        幕末には「高須四兄弟」と呼ばれる、
        徳川慶勝徳川茂徳松平容保松平定敬
        を輩出している。
        (この四人は実の兄弟)

        特に松平容保は会津藩の藩主として、
        白虎隊、新撰組などの「上司」として、有名なのだが、
        その人物は実はこの地の出身なのだ。

        寺は、有事に備えて、城郭式の作りだったと言う。

        確かに山の上に造ってある点、石垣のつくりなど、
        イザというときに立て籠もることもできるようになっている。
        しかし写真の石垣は、どうやら後世のもののようだ。

        境内には歴代の高須藩主の墓所があるのだが、
        荒れている為に立ち入り禁止だった。
        ぜひ整備の上、公開してもらいたいと思う。

        庭園(有料)は見もので、歴代の高須藩藩主が眺めたであろう
        景色を、時代を超えて眺めることができる。

        あまり有名でない為に訪れる人も少なく、
        訪れたのは6月で、ちょうどよい時期だったため、
        しばし歴史に思いを馳せることができました。

        新三河物語

        0
          中日新聞朝刊に連載されていて、今月末で連載が完了する
          宮城谷昌光氏 著「新三河物語」。
          連載完了を待たずに刊行がはじまりました。
          今朝の中日新聞朝刊にも広告が載っています。

          愛知県岡崎市上和田に生まれ、
          文字通り「武士の生き方」を貫いた、
          大久保彦左衛門こと、大久保忠教の生涯を綴った作品。

          むむ〜
          またしても、本を読んでいる時間が無いタイミングで
          出てきおったな。

          でも今回は全三巻で、順次配本。
          ということで、ずーっと読みっぱなしにはならない。

          どうしよう。
          一ヶ月以上ガマンするか。
          今読むか。


          大河のテーマ曲

          0
            突然ですが、大好きなNHK大河ドラマの話題です。

            毎年思うのですが、NHK大河ドラマのテーマ曲は
            主人公やその時代の印象を取り入れた、いい曲ばかりだと思います。

            タイトルと、そのテーマソングから私が感じるイメージです。

            徳川慶喜 >時代の不安定さ
            武蔵 >孤高の剣士
            利家とまつ/功名が辻 >家族愛、絆
            毛利元就/真田太平記/徳川家康 >忍耐/悲哀
            国盗り物語 >戦乱と欲望
            北条時宗 >異文化との対決
            秀吉 >儚くも豪奢な夢
            新撰組 >疾風のごとき浅春群像
            武田信玄/風林火山 >騎馬武者の疾走

            「秀吉」などの一見元気な曲も、すこし寂しげなメロディが入っていて、
            主人公の暗い部分や辛い出来事などに重ね合わせてしまいます。
            全体的に暗いイメージの曲(徳川家康/真田太平記/毛利元就)などは、
            どちらかというと飛躍よりも苦労の多い人たちなので、
            これもピッタリです。

            曲そのものの良し悪しはもちろんありますが、
            どれも主人公の人生をあらわしているように感じて、
            いつもしみじみと味わっています。

            来年のNHK大河は「天地人」。
            直江兼続と、その主君上杉景勝の話です。
            どんなテーマ曲なるのか、いまから楽しみ。

            --------------------以下リンク
            「国盗り物語」(かなり古いです)
            斎藤道三と信長の話。
            戦乱と、欲望が渦巻く時代感がよく出ています。
            黒澤映画の音楽のような重厚感があります。


            「真田太平記」(かなり古いです)
            真田一族の話。
            弱小国であるがゆえに苦労を重ねる真田家のイメージがよく出ています。


            「徳川家康」(かなり古いです)
            苦労に苦労を重ねながらも一歩一歩前に進む様子が曲に現れています。


            「花の乱」
            応仁の乱の遠因を作った日野富子の話。
            女性ならではの繊細な印象です


            「秀吉」
            夢に向かって火の玉のように駆け上がっていく秀吉と、
            晩年の儚くも豪奢な夢がイメージされます。
            映像も非常にテーマ性が高く、大河ファンの間でも評価されています。


            「功名が辻」
            山内一豊と妻、千代の話。
            戦乱の中での家族の絆がうまく表現できていると思います。


            「毛利元就」
            弱小国から大国に上がっていく為に苦労を重ねる様子と、
            運命に挑んでいく武士の悲哀がうまく現れています。


            「徳川慶喜」
            幕末という緊張に満ちた時代の不安感と、
            それに孤独に立ち向かう慶喜のイメージ、
            そしてわずかに明治のという明るい時代の足音を感じます。


            「武蔵」
            孤高の剣士のイメージがよく曲に現れています。
            映画音楽で有名で、アカデミー賞受賞の作曲家、エンニオ・モリコーネの作曲です


            「葵」
            晩年の徳川家康にはじまり、秀忠、家光の三代を描く話。
            時代が平和に向かっていく様子がよく出ています。


            「元禄繚乱」
            「元禄赤穂事件」いわゆる「忠臣蔵」のお話です。
            元禄という、日本史上希に見る文化が花開いた時代が、
            見事に曲に表現されています。
            尾形光琳の屏風画をモチーフにした映像も見もので、
            曲/映像共に次の「吉宗」を上回るほどの華やかさです。


            「八代将軍 吉宗」
            いかにも太平の世らしい、晴れ晴れとめでたく、
            すこしノーテンキな曲です。


            「新撰組!」
            若いパワーが動乱の世を駆け抜けていく様子が大変よく表現されています。

            風は山河より

            0
              しばらくの間、専念したいことができたために
              大好きな歴史小説を絶っておりました^^;
              「最近、面白い歴史小説がないなー」
              と思っていたので、ちょうどよい機会でもあったのです。

              でも、気分転換のため、と想い、
              ついに手を出してしまった作品が悪かった。

              これが、面白すぎるのです。

              「風は山河より」宮城谷 昌光 (著)



              まず、文章力がすごい。
              歴史小説というと、司馬遼太郎氏はじめ、
              多くの歴史小説家の作品を読んできましたが、
              宮城谷氏の文章力は並外れている、と思う。

              しばらく歴史小説を絶っていた上に、
              ひさしぶりの傑作に出会ったもので、
              むさぼるように読んでしまいました。
              まだ全5巻のうち、一巻を読み終えたところです。

              最近読んだ中で「これはすごい作品だ」と思った歴史小説は、
              「密謀」 (藤沢 周平著)
              「樅ノ木は残った」 (山本 周五郎著)
              以来だと思う。
              (どちらも古い作品ですが)

              「風は山河より」は、
              奥三河の豪族、松平(徳川)氏の家臣の、菅沼氏一族の話です。

              これまでの自分の中のベスト作品の中に輝きそうな勢い。
              面白いので、途中でやめられない。
              しかも、全5巻・・。

              うーん、どうしよう。
              読み続けるべきか、途中で諦めて、
              時間が経ってからじっくり読むべきか。

              ちなみに、中日新聞では現在、宮城谷氏の
              「新三河物語」が連載中です。
              こっちももちろん読んでいます^^;
              こっちは一日に読む量が限られているので、問題ないのですが・・

              困った困った。

              運とは

              0
                「群雲、関ヶ原へ」という小説を読んでいます。



                「関ヶ原」に関する小説となると、どうしても司馬遼太郎氏の
                「関ヶ原」と比較してしまう。



                コレに比べると「群雲」は若干、深い洞察に欠けている気もするし、
                言葉遣いがおかしく思えるところもあるんだけど、
                なかなか楽しく読めています。

                そして、この小説。とても気に入ったフレーズがありました。
                関ヶ原の前年に、徳川家康が「運」について考えるシーン。
                もちろん、家康が考えたことが後世に残っているわけではないので、
                著者の創作なのですが。

                -----引用

                運とは自らが生産するものである。
                要は精神の容(かたち)なのだ、と家康は思った。
                人間が不幸になるのは精神がそれに適(ふさ)わしいからであり、
                幸福もまた同様である。
                (中略)おれはたぶん、幸福な死を迎えるだろう、
                と家康は思った。
                なぜなら、おれは人間の諸相を解明するに足る、
                この単純な法則を知っているから。
                もっとも、死に幸福も不幸もありはしないが。
                あるのはその人物に最も適わしい死だけである。

                -----「群雲、関ヶ原へ」岳宏一郎著、光文社


                ・・おもわず唸ってしまった。
                付箋でページを取っておきました。

                運は自分で引き寄せるもの。
                「天は自ら助くる者を助く」
                チャンスを迎える準備をしている人が、それを捉えることができる。

                うむ。

                おさおさ怠り無く。

                海津市歴史民族資料館

                0
                  海津歴史民族資料館
                  「海津市歴史民族資料館」に行ってきました。
                  >>海津市歴史民族資料館ホームページ

                  すでに「海津市」なのですが、ホームページは「海津町」のままですな。
                  サスガは行政。

                  それはともかく。
                  びっくりするくらいの豪勢な建物です。
                  そのわりに展示物は少ない。

                  地元に遺された歴史的価値の高い展示品が少ないので、
                  他の博物館が所蔵する展示物の複製や、
                  ジオラマ、パネル、民具などが展示されています。
                  また、すでに失われたかつての建物の一部が復元されていたりします。
                  いわば「地方の資料館/博物館」の典型です。

                  でも、ひとつだけ収穫がありました。
                  この場所、「海津」なので気がつきませんでしたが
                  「高須松平家」の本拠だったんですねぇ。
                  とはいえ、高須城があった場所からは離れていて、
                  しかもここは高須領では無いのですが・・

                  高須松平といえば尾張藩の支藩で、
                  尾張家の血が途絶えた時、高須藩から藩主を送り出すことになっていたのです。

                  歴史的に尾張藩主以外にも多くの人材を輩出しています。
                  尾張8代徳川宗勝のほか、幕末に
                  「最後の尾張藩主」徳川慶勝。
                  徳川慶勝の兄弟は、会津藩主松平容保、桑名藩主松平定敬で、
                  たかだか三万石の藩がこんなに多くの人材を生んでいるのです。

                  館内の展示は、1F/2Fが低湿地の暮らしや民具の展示、
                  3Fが高須藩に関する展示だったんだけど、
                  これほどに有名な人物を生んだ土地なのだから、もっと
                  高須藩の展示を充実すればいいのに。と思った。

                  近くに高須松平家の菩提寺
                  「行基寺」があるとのこと。
                  雨だったから今回は行けなかったけど、
                  また別の機会を設けて訪れたい。

                  サマーキャンペーン

                  0
                    Wikipedia英語版で、日本の歴史や人物を見てみたんだけど、
                    結構面白い。
                    英語はようわからんけど、間違いや微妙なカン違い、
                    妙な訳が笑える。

                    List of samurai

                    まずはツッコミたい。
                    松尾芭蕉はサムライなのか?
                    座頭市はサムライなのか?

                    そして、マイナーな人がいるかと思えばメジャーがいない、
                    というおかしさ。

                    一色藤長なんていう人物は、管理人も知らなかった。
                    (一色氏は知ってたけど・・)
                    日本語版Wikipediaにもほとんど解説が無いような人物である。

                    遠藤直経、江良房栄、円城寺信胤なども、管理人は知らなかった。
                    日本語版wikipediaで勉強させてもらった。

                    相合元綱(あいおうもとつな/毛利元就の弟)は、
                    管理人は知っていたけど一般的にはきわめてマイナーな武将だ。

                    と思えば、一方ではメジャーな蜂須賀氏が一人も載っていない。
                    驚くべきことに、浅野氏もこのリストには載っていない。

                    真田幸村(信繁)が載っているのに、真田昌幸、信之などが載っていない。
                    ただ、真田氏の場合、日本でも幸村が一番メジャーであることを考えればさほど不思議ではない。

                    尼子晴久、義久が載っているのに、経久が載っていない。
                    武将ファンとしては、尼子といえば経久である。
                    宇喜多直家が載っているのに、秀家(豊臣五大老の一人)が
                    載っていない。

                    黒田孝高(如水/官兵衛、秀吉の参謀)が載っているのに、
                    黒田長政(初代黒田藩主)が載っていない。
                    まぁこれも、如水のほうが若干有名か。

                    ちょっとヘンである。

                    さらに、面白かったのは、「大阪の陣」(Siege of Osaka)。
                    これの「冬の陣」の訳は”Winter Campaign”、
                    そしてもちろん「夏の陣」は”Summer Campaign”である。

                    なるほどCampaignの意味はもともと
                    「戦役; (組織的な)運動, 遊説」とあって、
                    訳として間違っているわけではないが、
                    日本の感覚で「キャンペーン」というと、
                    何やら参加すると景品のひとつでももらえそうである。

                    「大阪夏のキャンペーン」、何だかワクワクしますな。

                    (追記)
                    ・・藤堂高虎もリストにいない!

                    行って来ました「天下取りへの道 戦国の武将たち」

                    0
                      現在、徳川美術館で開催されている企画展示
                      「天下取りへの道 戦国の武将たち」
                      へ行って来ました。

                      徳川美術館の展示品には、訪れるたびに驚く。
                      もし地方の博物館なら、「目玉クラス」として展示されるような
                      文物が、この館内にはゴロゴロ存在している。

                      特に今回の展示は「天下取りへの道」とだけあって、
                      信長、秀吉、家康に縁の品々が多い。

                      この美術館でたびたび目にすることができる
                      有名な徳川家康の肖像「三方ヶ原戦役画像」
                      (通称「顰(しかみ)像」として有名)
                      http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=18704

                      をはじめ、一度見てみたいと思っていた国宝級の刀剣
                      「来国俊」(らいくにとし)。

                      信長が所持していた国宝の太刀「長光」
                      http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=18714

                      今川義元→織田信長→豊臣秀吉→徳川家康の手に渡り、
                      「天下様の刀」と呼ばれた太刀「大左文字」。

                      管理人でさえその名を聞いた事がある名品の香炉「千鳥」
                      http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=85763や、
                      茶入れ「筒井」「荒木」など、
                      見ていると途中で眩暈(めまい)がしてしまうほどの名品ぞろい。

                      その中でも今回初めて目にしたのは
                      「信長から”おね”に宛てた書状」。

                      あの信長が、秀吉の妻「おね」に宛てた自筆と思われる手紙。
                      事務的な書状だと漢字ばかりなのだが、この書状は
                      女性宛のため、ひらがなばかりで、
                      頑張れば管理人でも読むことができる。

                      歴史ファンには、絶対お得な展示会です。
                      モトが取れます。
                      ぜひ一度、足を運んでみてください。
                      徳川美術館

                      | 1/4PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
                      過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
                      斎尾裕史
                      何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM