Googleを使ったサイト内検索

0
    会社のウェブサイトなどで「検索窓」が設置されているのを、
    ときおり見かけませんか。
    (例:ニコンエステー明治製菓

    それぞれのページ上部をご覧下さい。
    ページ上部に「検索窓」があり、
    「サイト内検索」ができるようになっていますね。

    確かに、サイト内のページ数が増えると、
    訪問者は自分の欲しい情報を探すのが大変になりますので、
    検索窓の設置は訪問者へのサービスとしてとても有効です。

    逆に、大手企業のサイトでこの「サイト内検索」機能が無いと、
    「なんだよぉ〜」と不満を漏らしたくなるくらいです。

    中小企業のウェブサイト(ホームページ)でも、
    ページ数が増えてきたら
    「サイト内検索」の機能が欲しくなりますね。

    しかし、この「サイト内検索」機能の設置は、
    一般の方にとって、さほど容易ではありません。
    ホームページ制作業者などに「サイト内検索の機能」追加の
    見積りを依頼すると、
    びっくりするような価格が提示されるかもしれません。

    ところが、
    もっと簡単に「サイト内検索」をできる方法があります。
    GoogleやYahooが提供しているサービスを使うのです。

    ↓このページでは「basaranet.com」内のサイト内検索ができます

    Googleの機能を使った「サイト内検索」
    Yahooの機能を使った「サイト内検索」

    検索結果に広告が表示されたり、Googleのロゴが表示されたりと、
    どうしても無料サービスならではの不満もあるかもしれませんが、
    「サイト内検索」という機能が自分のサイトに
    つけられるんですから、
    じゅうぶん過ぎるくらいですよね。

    これら有名検索サイトを使った「サイト内検索」は、
    けっこう大きな会社のウェブサイトでも活用されています。

    Yahooのサイト内検索の使用例(ファーストサーバ株式会社)
    (ページ上部の「サイト内検索」をご覧下さい)

    これらを使えば、
    自社のウェブサイトに「サイト内検索機能」が
    つけられるだけではなく、
    ブログに「ブログ内検索」機能を追加することができます。
    (ブログ独自の検索機能がついている場合はそちらを利用した方がラクです)

    簡単に「サイト内検索機能」や「ブログ内検索機能」が
    つけられるとは言え、もちろん
    「ホームページ制作者にとって、簡単」ということであり、
    これらを設置する為には、多少なりとも
    ホームページ制作に関する知識が必要です。

    しかし、同じ「サイト内検索機能」をつけるにしても、
    このような簡単な方法がある、ということを
    知っておくだけでも、
    「知らないがために多くのお金をかける」
    必要がなくなります。

    ホームページの制作発注者として
    中小企業の方々が知っておくべき「インターネットの知識」
    って、こうゆうことなんじゃないのかな、
    と思います。

    ファビコン

    0
      懐かしの「ファミコン」ではなく「ファビコン」です。
      "favicon"と綴ります。
      多分、Favorite icon 「お気に入りのアイコン」という
      意味でしょう・・("favicon":Wikipedia

      今お読みのこのブログ、どこかこれまでと変化したところが
      あるんですが、おわかりになりますか・・?

      ちょっと上の方を見てください。
      この部分に、オリジナルのアイコンが表示されるようにしました。


      ブラウザの窓に表示されるだけでなく、
      「お気に入り」や「ブックマーク」に登録すると、
      アイコンも表示されるようになります。


      会社のロゴマークを使うことが多いようですね。

      「お気に入り」の中から目的のサイトを見つけやすくなったり、
      数ある「お気に入り」の中から目立たせたりすることができます。

      ブログだけではなく、
      会社のホームページなどで活用したいですね。

      16x16ピクセルの画像で作成するのですが、
      この16x16という制限がネックです。
      デザイン性はかなり制約されます。
      会社のロゴの最初の一文字を使ったり、簡略化するなどして、
      16x16の中に納める必要があります。
      上の画像にある、amazonのアイコンなどが
      参考になるかもしれませんね。

      作り方はカンタン。
      グラフィックソフトで16x16ピクセルの画像を作り、
      フリーソフトの「@icon変換」変換などを使って「アイコンファイル(favicon.ico)」を作成します。

      このアイコンファイルをサーバにアップロード後、
      ページのHTMLの<head>〜</head>の間に、以下の記述を追加します。

      <link rel="shortcut icon" href="「favicon.ico」のURL" />
      (”<””>”は半角にすること)


      これだけです。
      会社のページなどであれば特に問題は無いのですが、
      ブログの場合、多少困難になります。
      一般的に、ブログでアップロード可能な画像形式は
      gif,jpg,pngであり、ico形式のファイルは
      アップロードできないことが多いのです。

      そこで、他のページやサイトをお持ちの場合は
      そちらのサーバにアップロードする、という方法を採ります。

      ブログ以外にサーバの無い方は、諦めていただくほかありません・・・
      ただ、今は無料サーバスペースなどもありますので、
      活用するのもひとつの手ですね。

      参考リンク
      無料ホームページ(FC2)


      RSSリーダ・・もっと簡単な方法

      0
        さきほど紹介しましたRSSですが、
        Yahooなどのウェブ上のサービスを利用しなくても、
        もっと簡単に管理できる方法がありましたので、
        急いでご紹介です。

        それは、ブラウザの機能を使う方法です。

        FireFoxの場合は、
        お気に入りのブログを表示しておいて、
        「ブックマーク > このページを購読」
        を選択するだけです。
        ブックマークの中に、登録された各ブログの
        最新記事が表示されます。



        InternetExplorerでは、
        お気に入りのブログを表示しておいて
        ツールバーの「RSSフィード」ボタンをクリック
        (オレンジ色のアンテナのようなアイコン)
        このボタンがグレーになっている場合、そのサイトは
        フィードしていないので、RSSを管理することはできません。



        その後
        「ツール > このフィードを購読」
        で、そのサイトのRSSを登録します。
        そして
        「表示 > エクスローラーバー > フィード」
        としますと、



        ほら、このとおり。
        FireFoxのほうが簡単ですね。

        でも、IEで管理するにしても、YahooやgooのRSSリーダを
        使うよりは簡単そうです。

        後からより便利な情報を提供することになってしまって、
        すでに先の記事を実践された方には申し訳ないです(u_u;

        ぜひお試しアレ〜

        RSSリーダ

        0
          いろんな人のブログを見る機会が増えてきた。
          そこで、またRSSリーダを使うことにした。

          RSSリーダって、ご存知ですか?
          最近はフィードリーダと呼ばれることが多いかもしれません。
          知り合いのブログがたくさんあると、
          更新されたかどうかをいちいちチェックするのは
          面倒ですよね?

          RSSリーダを使うと、知り合いのブログを登録しておけば、
          最新の記事があるかどうかを、すぐにチェックできるんです。

          RSSリーダ

          全てのブログを見て周らなくても済むので、
          とても便利ですよ。
          ブログに限らず、ニュースサイトなど「フィード」している
          サイトであれば、最新情報をチェックできるようになります。

          自分のお気に入りサイトや知り合いのブログの更新状態が、
          イッパツでわかるんですよ。
          便利じゃないですか?

          気になるサイトやブログを見つけたら、
          ページのはしっこに「RSS1.0」だとか「RSS2.0」、
          もしくは「ATOM」だとか「RDF」などと書かれた
          アイコンや表示が無いかどうか、見てみましょう。
          そういったアイコンや表示があれば、そのサイトは
          「フィード」している、ということであり、
          RSSリーダで最新情報をチェックすることができます。
          (このブログにも右下に”RSS”の表記がありますね)

          そのような表記がどこにも無ければ、そのサイトは
          残念ながらRSSリーダで最新情報をチェックすることは
          できません。

          自分の周囲を見渡してみても、
          RSSリーダを活用している方は少ないようです。
          たくさんのニュースサイトやブログをチェックしている方は、
          さほど多くないからでしょうね。

          RSSリーダも、多くのサービスが存在していまして、
          使い勝手などはそれぞれ異なります。
          ご自身がIDを持っているサービスのRSSリーダを使えば、
          IDが増えずに済みます。

          主なRSSリーダサービス
          MyYahoo
          すでにYahooのIDを持っている場合はこちら。
          若干見にくいかも。
          gooRSSリーダ
          早くからRSSリーダを手がけているだけあって、
          機能が豊富。ただ、要らない機能も豊富^^;
          Googleツールバー
          ブラウザの中にRSSリーダを埋め込むことができます
          liverdoorリーダ

          Google Chrome

          0
            出るや否や、話題沸騰のGoogleChrome。
            Googleが開発したブラウザだ。
            ダウンロードはこちらから
            さっそく使ってみた。



            うーん、速い。
            立ち上がりも早く、
            サクサク動く。
            IEは言うに及ばず、FireFoxよりも速く感じる。

            ブックマークなど、最低限の機能はついている。
            余分な機能はついていない。
            めちゃシンプル。
            それが、うれしい。

            アドレスバーに適当な文字を叩き入れると、
            Googleが勝手に検索してくれる。
            Googleが作ったブラウザだから、当然だ。
            「Googleバー」なんてものを、わざわざアドオンする必要が無いわけだ。

            ひょっとすると、
            あっという間にデファクトスタンダードになるかもしれない。
            マイクロソフトはキライだが、仕方なく使っている、という人も多いはず。

            何を使うかは個人の自由だが、
            「選択肢が無く、特定のものを使わざるを得ない」
            という状況はよくない。
            FireFoxもOperaも、一定の貢献はしてきたと思うが、
            ここで一気に形勢が変わる可能性も出てきて、
            ちょっと面白くなってきた。

            ただ、くれぐれも独自拡張や独自仕様などで
            Web関係者を泣かせることの無いよう、お願いしたいものだ。


            動的ページのSEO対策

            0
              テクニカルな話題です。
              先日のブログ記事「トップページに最新ブログを表示」には、何件か反響をいただきました。
              受注にはつながっていないのですが・・(^^;

              この件について、少しテクニカルなお話を。

              現在、CGI作成ドットコムのトップページは
              index.php
              です。

              RSSを読み込み、リストを編集してベースとなるHTMLに埋め込んで表示する、
              という処理が必要なので、
              PHPで記述してあるわけです。

              ところが、○○○.phpというファイル名は、
              ○○○.htmlというファイル名に比べ、
              SEO的に不利と言われています。

              Googleの公式な発表があったわけではないので、
              単なる専門家(←これもアヤシイですが)の予想なのですが、
              多くのウェブ関連雑誌の記事などには
              この「○○○.phpはSEOに不利」ということが書かれています。

              ○○○.cgiや、
              最近あまり見かけなくなった
              ○○○.shtml(SSIを使ったHTML)、
              ○○○.asp、
              ○○○.jsp、
              ○○○.cfm(ColdFusion)
              などでも同じく不利と思われます。

              ワシ個人の体験から言いますと、
              ○○○.php?a=XXXX&b=XXXX&c=XXX・・・
              などのようにクエリが続き、しかもパラメータが複数ある場合には、
              確かにSEO的に効果が上がらないように感じますが、
              ○○○.php単体でクエリが続かないURLでは、
              さほどSEO的に効果が上がらない、という印象を持ったことはありません。

              しかし、肝心のトップページだけは
              index.html
              としたい、という気持ちもあります。

              また、この機能を既存のウェブに設置する場合、
              これまでのindex.htmlからindex.phpに替えたくない、
              というご要望もあることでしょう。
              (リンク修正等も大変ですしね)

              これは、Apacheのhttpd.confを編集することによって、
              PHPプログラムを含むソースでもhtmlとして扱うことができるのですが、
              共有レンタルサーバの場合はhttpd.confの編集ができない場合も
              よくあります。
              またhttpd.confの修正はセキュリティ上、あまり推奨されていません。
              (このあたりの事情は、私はあまり詳しくありません)

              そこで、打開策を考えました。
              現在のindex.phpでは、次のように処理しています。

              1).ベースHTMLを読み込み(ブログ記事は無い)

              2).RSS読み込み、編集

              3).1)に2)の内容を埋め込み、表示

              この処理をイッキにやってしまうものだったのですが、
              打開策では、次のように処理します。

              1).index.htmlの元となるベースHTMLには1x1pxのダミー画像を設置、
              このダミー画像を<img src="hoge.php">とする。
              (ファイル名は任意)
              つまり、index.htmlが表示されるたびにhoge.phpが起動する

              2).hoge.phpはベースHTMLを読み込み(ブログ記事は無い)

              3).hoge.phpはRSSを読み込み、編集

              4).hoge.phpは2)に3)を埋め込んだHTMLを、index.htmlとして保存する

              5)hoge.phpは、何食わぬ顔をして1x1pxのダミー画像を表示する

              こうすれば、index.htmlを表示するたびに、
              最新のブログ内容を埋め込んだindex.htmlを作り変えるわけです。

              ただし、この方法にもデメリットがあります。

              1.index.phpの方法と比べ、作成に多くの手間がかかる
              (上記をご覧くださればおわかりになりますね)

              2.最新のブログ内容に反映されるのが、
              index.htmlを一回表示する分だけ遅れる
              ・・これが一番イタイですね。
              つまりindex.htmlを表示すると同時に最新のブログ内容を盛り込むので、
              タイミングが1回の表示分、遅れるのです。
              ブログを更新しても、その後はじめてindex.htmlを見た人は、
              古いままのブログ情報を盛り込んだindex.htmlを見ることになります

              3.一部のアクセス解析ツールに悪影響が出る
              これは理由がわかりませんが、そのような情報を聞いたことがあります。
              でもこれはindex.php方式を採った場合にも同じことが起きる可能性があります。

              もうひとつ大事な発見。
              実際にこの「打開策」を作ってみたのですが、
              何故かhoge.phpでは、
              class形式のライブラリをrequireすることができなかったのです。

              実際に現在index.phpで使用しているライブラリだったので、
              コーディングミスや、PHPのバージョンによるものではないと思うのですが、
              何故か画像を表示するPHPプログラムではクラス形式が使えないようなのです。
              何か使い方を間違えているのでしょうか・・。

              もし原因や対策をご存知の方がいらっしゃいましたら、
              教えてください。

              なお、今回作った「打開策」のindex.htmlは、動作確認はしたものの、
              今は設置していません。

              しばらくしたらindex.htmlとindex.phpを比較してみて、
              SEOの結果をお知らせしたいと思います。

              「日本語CAPTCHA」(漢字で画像認証)・・作ってみました

              0
                先日の日記で「こんなのあったらいいな〜」
                って書いた「漢字を使った画像認証」
                つまり「日本語CAPTCHA」を作ってみました。



                認証テストはこちら

                PHPだと、画像処理系の関数が充実しているので、
                わりとカンタンにできました。

                通常の数字バージョンも作ってみました


                おためしはこちらから
                (認証入力はありません)

                ローマ数字は漢数字に比べると機械的読み取りが遥かに容易なので、
                ノイズを加えたり、文字をチョン切ったりして、
                読みにくくしています。

                ただ、Class化していないので、
                どんなツールにもカンタンに追加可能、というわけにもいかない。

                「お問合せ」などのページから、やたらと英語のスパムが飛んでくる方。
                これでほぼカンペキに(?)スパム防止が可能ですよ。
                あなたのページに追加してみませんか?
                お値段は・・今から考えます(^^;

                CAPTCHA(キャプチャ)・・画像認証

                0
                  「キャプチャ」とか「画像認証」と言われても
                  「??」と思われるかもしれませんが、
                  日頃からネットを使っている人は、
                  以下のような画像を見たことがあるかと思います。



                  「キャプチャ」の説明(Wikipedia)

                  プログラムによる不正な掲示板への
                  書き込みや、ユーザアカウントの取得などを阻止するための技術です。

                  つまり
                  「人間には読めるけど、機械的には読めない文字を生成する」
                  ってことですね。
                  「機械には読めない文字」を、機械が生成するのは、考えてみたら笑えます。

                  掲示板の荒らしや、ホームページの「お問合せ」などから、
                  大量の広告メールが届く場合、ある程度の効果が期待できます。

                  新規に作る掲示板や、メールフォームなどに、このCAPTCHAの機能を付け加えることができます。
                  (フリーCGIなどにはつけることができません。
                  というか、そういった作業は請け負っておりません)


                  ただ、これも「機械的な操作を防止する」という意味で効果があるだけで、
                  人間が「荒らし」目的で掲示板へ書き込んでいたりする場合には効果がありません。

                  ただ、管理人の経験上「荒らし」書き込みは海外から外国人が英語で書き込むことが多いようです。

                  そこで、こんなのにしてはいかがでしょう


                  ↑で数字「1234」と入力してもらうわけです。

                  これなら、漢字圏以外の国からの「荒らし」は、
                  まず防げると思います。
                  ただ、この大字(だいじ)を使った数の表記は、
                  日本人でも若い人が知らない可能性があるのですがね・・。
                  ----------------
                  追記
                  後日、実際に「日本語CAPTCHA」を作ってみました。
                  こちら⇒http://blog.basaranet.com/?eid=505475

                  トピックスシステム作成中

                  0
                    Webサイトに「トピックス」を追加/表示するシステムを作成中です。
                    まぁ「トピックスCGI」って言ってもいいでしょう。

                    1.フォームから「トピックス」を追加
                    2.トップページに、最新のトピックスのタイトルを数件表示
                    3.タイトルをクリックするとトピックスの詳細を表示
                    4.トップページ「これまでのトピックス」をクリックすると、トピックスの一覧を表示
                    5.すでに登録したトピックスの追加/編集

                    などの機能を備えたものです。
                    実は、これまでにも同様のものを作ったのですが
                    (例:http://www.basaranet.com/
                    以前のものはPerlで開発したもので、メンテナンスがしにくいので、
                    PHPで作り直しているのです。

                    以前に作ったことがあるものを再度作るのって、ちょっとメンドー・・。

                    たまたま、現在依頼を受けて制作中のサイトにトピックスが必要だったので、これをPHPで作成し、
                    トピックスシステムだけを切り離して売り出そうかなー、
                    なんて考えています。

                    さらにその後、
                    トピックス一覧のページング(複数ページ化)や、画像アップロードなどの機能も付け加えたいなぁ〜

                    さっきの続き・・

                    0
                      テクニカルな話題

                      同一コーディングで可能にする
                      「展開するサブメニュー」

                      「移動先のメニューボタンのスタイルを変える」
                      の続きです。

                      展開したサブメニュー項目を選んだ場合、
                      そのメニューは展開したままにしました。

                      http://www.basaranet.com/renew2007/renew14/

                      「サブメニュー2-1」
                      「サブメニュー2-2」
                      「サブメニュー4-1」
                      がリンク可能です。
                      これをひとつのコーディングで実現しています。

                      ちょっとコードが汚くなってきました。
                      そろそろ別の体系に整理しなおさなくては。

                      しかも、IE6で見た時に、コンテンツの表示がおかしいのは
                      相変わらず。
                      ページ表示後はコンテンツが表示されず、
                      他のメニューリンクにカーソルを持ってくると表示が出ます。
                      なんかおかしい。バグっぽいな。

                      この原因をご存知の方、教えてください。

                      とりあえず、この話題はこれで終了(の予定)

                      | 1/5PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
                      過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
                      斎尾裕史
                      何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM