海の向こうの本

0
    コンピュータ関連書籍や、ビジネス書に限らず、
    小説などでも、英語や他言語で書かれた本が、
    日本語訳されて書店で並んでいますよね。

    ああゆう本、管理人は苦手なんです。
    できれば日本人が日本語で書いた本がいい。
    英語で書かれた本は、たとえ原著がよくても、
    翻訳者の力量で本としてのデキがかなり左右されます。

    日本語での執筆を生業としている人が翻訳するのであれば、
    あまり問題は無いと思うんだけど、
    たいていは「翻訳」や専門分野の人が訳していたりする。

    訳がひどいと、本当に読んでいて疲れるし、つまらない。
    英語独特の言い回しを、そのまま直訳したような文章だと
    わかりにくいし、余計な頭を使ってしまう。

    オマケにあちらでしか通用しないようなジョークがそのまま
    訳されて載っていたり・・

    でも、いろんな分野の名著やバイブル的存在の本は、
    訳本であったりすることが多いのです。

    で今回、珍しく訳本を手にとってみました。
    最後まで読めるかな・・

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM