海津市歴史民族資料館

0
    海津歴史民族資料館
    「海津市歴史民族資料館」に行ってきました。
    >>海津市歴史民族資料館ホームページ

    すでに「海津市」なのですが、ホームページは「海津町」のままですな。
    サスガは行政。

    それはともかく。
    びっくりするくらいの豪勢な建物です。
    そのわりに展示物は少ない。

    地元に遺された歴史的価値の高い展示品が少ないので、
    他の博物館が所蔵する展示物の複製や、
    ジオラマ、パネル、民具などが展示されています。
    また、すでに失われたかつての建物の一部が復元されていたりします。
    いわば「地方の資料館/博物館」の典型です。

    でも、ひとつだけ収穫がありました。
    この場所、「海津」なので気がつきませんでしたが
    「高須松平家」の本拠だったんですねぇ。
    とはいえ、高須城があった場所からは離れていて、
    しかもここは高須領では無いのですが・・

    高須松平といえば尾張藩の支藩で、
    尾張家の血が途絶えた時、高須藩から藩主を送り出すことになっていたのです。

    歴史的に尾張藩主以外にも多くの人材を輩出しています。
    尾張8代徳川宗勝のほか、幕末に
    「最後の尾張藩主」徳川慶勝。
    徳川慶勝の兄弟は、会津藩主松平容保、桑名藩主松平定敬で、
    たかだか三万石の藩がこんなに多くの人材を生んでいるのです。

    館内の展示は、1F/2Fが低湿地の暮らしや民具の展示、
    3Fが高須藩に関する展示だったんだけど、
    これほどに有名な人物を生んだ土地なのだから、もっと
    高須藩の展示を充実すればいいのに。と思った。

    近くに高須松平家の菩提寺
    「行基寺」があるとのこと。
    雨だったから今回は行けなかったけど、
    また別の機会を設けて訪れたい。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM