行基寺

0
    ずいぶん前の話で恐縮だが、今年の6月、
    岐阜県海津市の行基寺(ぎょうきじ)に行ってきた。

    以前に海津市歴史民族資料館を訪れた際、
    その存在を知って、ずっと行きたいと思っていたのだ。

    天平時代の僧侶である行基が開基と伝えられるお寺は全国にたくさんあるが、愛知県内にも多い。

    行基はこの寺で入滅したと伝わる。
    (通説では菅原寺で入滅したといわれている)

    ワシが興味を持ったのはそのことではなく、
    高須松平藩の菩提寺であった、ということ。
    高須藩は尾張藩の支藩で、尾張徳川家当主に子が無い場合、
    高須藩から藩主を輩出した。
    つまり、尾張徳川家の血統のプールされている土地だったわけだ。
    行基時はその高須藩ゆかりの寺で、
    明治時代になるまでは、一般の人の参拝は許されなかったという。
    つまり入ることができたのは、高須松平家の縁者か、
    僧侶のみだったわけだ。

    幕末には「高須四兄弟」と呼ばれる、
    徳川慶勝徳川茂徳松平容保松平定敬
    を輩出している。
    (この四人は実の兄弟)

    特に松平容保は会津藩の藩主として、
    白虎隊、新撰組などの「上司」として、有名なのだが、
    その人物は実はこの地の出身なのだ。

    寺は、有事に備えて、城郭式の作りだったと言う。

    確かに山の上に造ってある点、石垣のつくりなど、
    イザというときに立て籠もることもできるようになっている。
    しかし写真の石垣は、どうやら後世のもののようだ。

    境内には歴代の高須藩主の墓所があるのだが、
    荒れている為に立ち入り禁止だった。
    ぜひ整備の上、公開してもらいたいと思う。

    庭園(有料)は見もので、歴代の高須藩藩主が眺めたであろう
    景色を、時代を超えて眺めることができる。

    あまり有名でない為に訪れる人も少なく、
    訪れたのは6月で、ちょうどよい時期だったため、
    しばし歴史に思いを馳せることができました。

    コメント
    ふむふむ、あいかわらずの歴史マニアっぷりですな。^^

    庭園のきれいさにも目を見張りまする。。

    最近、城山三郎の作品を続けて読んでいて、慶勝が主人公の『冬の派閥』、良かったですよ〜。
    ちと、文章が重厚なカンジでワタシには読みにくかったんですが。。^^;
    • こでこで
    • 2008/09/04 6:03 PM
    ほほう。慶勝が主人公ですか。
    それは読んでみなきゃ。
    そういえば、城山三郎って読んだことないし。
    • コージ
    • 2008/09/05 8:19 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM