ホントのフォント

0
    今日はフォントのお話にします。

    年賀状ソフトなどを買うと、フォント(書体)が
    たくさん付属していて、
    思わず、いろいろと試してみたくなってしまいますね。

    年賀状や、個人的な文書であれば、
    楽しみとしていいと思いますが、
    商売等に使う場合は、書体の選択は慎重に行う必要があります。

    まずは、この画像をご覧ください。

    同じ「好評分譲中」ですが、
    Aは
    「売れ残った物件が安くなっているのかな?」
    という印象で、
    Bは
    「また都心に高級マンションでも建ったのかな?」
    という印象になりませんか?

    ・・なりません?
    なってください(=_=;

    この場合、フォントの選択をはじめ、
    色の使い方や余白の採りかたで、
    印象を変化させることができる、
    ということがわかりますね。

    何も「高級/安売り」の印象を左右させるだけではありません。

    本の表紙として、こんな二冊があったら、どうでしょう

    ここではタイトルを変えていますが、
    Aは
    「ジャンジャン売って、稼ごうぜ!」
    という勢いを感じるのに対して、
    Bは
    「どうやって売れる仕組みにするか、考えてみましょう」
    という、落ち着いた印象になると思います。

    たぶん、Aは叩き上げの創業社長が書いた本で、
    Bはコンサルタントか学者が書いた本なんじゃ・・・
    というところまで、ワシの場合は想像しちゃいます。

    Bの場合は、細めのゴシックでも、似たような印象を
    与えることができます。

    他にも

    のように、
    フォントの選び方で与える印象を左右させることが可能です。

    また、変わったフォントや太字のフォントは、
    タイトル文字などに限定して使うべきで、
    本文に個性的なフォントを使うと、
    読むのに疲れてしまいます。

    ご自身の商材や、サービスの内容、
    訴求ポイントなどを勘案して、
    書体も慎重に選ぶと、
    送り手の「訴えたいこと」と
    受け手の「受ける印象」の
    ギャップを避けることができます。

    コメント
    私の大好きなフォントネタだ!ありがとうございます。
    最近はかわいいフォントからいろいろありますね〜。
    仕事で使うと、どうしても決まったものになっちゃいますが。
    コージさんはお仕事用のフォントはどのくらいそろえられているのでしょう?
    • y22
    • 2008/12/06 1:19 PM
    >y22さん
    そっか(^^;
    私よりも「その道のプロ」の方がココに
    いらっしゃいましたね。
    続きの連載、お願いしようかな・・・(~_~;
    私は「ダイナフォント」のほかは
    ヒラギノ、小塚くらいです。
    • コージ
    • 2008/12/06 2:33 PM
    >続きの連載
    そんな〜〜 コージさん、ぜひお願いします!
    いろいろなかたのアプローチや意見を伺ったほうが
    私もみなさんも勉強になりますので!!

    フォントの件ありがとうございます。
    「ダイナフォント」は持ってないデス....
    ヒラギノもちょこっと。意外とフォントって高いですよね。
    • y22
    • 2008/12/06 3:59 PM
    >y22 さん
    いやープロの方を前にウンチク垂れるのは、
    恥ずかしいです(*^^;)
    間違ったことを言いそうで・・。
    「ダイナ」は、プロの方はあまり使いませんよね。
    お得感はありますが、文字のバランスがイマイチで。
    プロの方が使われるモリサワなどは
    びっくりするほど高くて、手が出ません。
    • コージ
    • 2008/12/06 4:09 PM
    僕は以前手書き風のやさしい字体のフォントが欲しくて
    Vectorでフリーフォントを探したことがあります。

    探している時に他にもいろいろあったので
    いくつも一緒に落としてみたんですが
    フォントって面白いですね。
    フォントひとつで印象がガラッと変わっちゃう!

    コージさんの解説はいつも分かりやすくて感心します<(_ _)>

    ありがとうございます。
    私も職業柄イメージが大切なので
    気をつけているつもりですが、
    フォントはいろいろありすぎて
    難しいです!
    • Junco
    • 2008/12/07 11:22 AM
    非常にわかりやすいですね!

    フォントって本当に大事です。

    これが感性よくわかってやってくれる業者と気持ちよく
    仕事したいといつも思います。

    素晴らしい対比表現ですね!

    コージさんさすが!
    ぉもしろぃですねっ!!
    これ必ずチラシに生かしたぃと思ぃます(*´д`*)
    勝負名刺を作成するときに
    フォントを意識しましたが
    あまりにもたくさんありすぎて大変でした。

    しかし、コージさんの説明は
    私でも理解できますので本当に助かります。
    いつも、ありがとうございます。
    >mino-kobaさん
    確かにmino-kobaさんのようなお仕事ですと、
    手書き風で素朴なフォントが似合いそうですね。
    何かよいフォントがみつかったら、
    紹介してください。

    >Juncoさん
    Juncoさんのお仕事の場合は、セリフ系フォント
    がお似合いでしょうか?
    Juncoさんのセンスで選んだフォントを
    見てみたいです。^^

    >BSO シンヤス さん
    コメントありがとうございます。
    なんかベタ誉めいただいて、
    照れますな〜(*^^*)
    発注される側も、すこし知識を持っていると、
    業者側の対応も変わってくるのではないでしょうか。

    >shinolaboさん
    「ギャル系フォント」などもありますので、
    shinolaboさんのネイル系のお仕事の場合、
    検討してみてはいかがでしょう?

    >野球バカ!! さん
    いつもありがとうございます。
    野球バカさんのように読んで下さる方々が
    いらっしゃるおかげで、
    ブログ更新にも気合が入ります。
    • コージ
    • 2008/12/08 9:49 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM