キャッチ

0
    世の中には「よい商品」が山ほどあります。

    世の中にある多くの商品それぞれの
    「どこがよいのか」という説明を全部聞いていたら、
    それだけで一生が終わってしまいそうです。

    てことは、
    この商品のいいところはいっぱいあるだろうけど、
    ”ひとこと”で言うと、どうゆうことだ?

    というのが大事になってきますね。

    商品を開発した人や売っている人は、
    それぞれ思い入れがあるでしょうから
    「”ひとこと”では済みません。」
    「いいところは、ひとつやふたつじゃないんです」
    「そんなに単純なサービスではありません」

    と言いたくなってしまいます。
    ワシだってそうです。

    でもですね。でもですよ。
    お客さんがわざわざ時間を割いて
    「自分の商品の話だけを、一から十まで聞いてくれる」
    って思ってるところが、甘くないですか?
    (↑ワシの仕事場に営業の電話をかけてくる連中よ、
    そこんとこよく考えてくれたまへ)


    そこで「キャッチコピー」が大事になってくるんですね。
    コピーライターというプロがいるくらいですから、
    これも甘い世界ではありません。

    出来上がったものを見ると
    「こんなのオレでもできるよ」
    と思ってしまいがちですけどね。
    実際にやってみると、その差は歴然です。
    やっぱりプロの仕事はスゴイ。

    自分で自分の商品のキャッチを考えてみると
    「自分の商品のことは自分が一番よくわかっている」
    と思っている分、思い入れが強すぎて、
    説明がクドクドしてしまいがちです。

    通り過ぎようとする人の目を留めて、印象に残す
    のがキャッチの目的だとすると、
    クドクドしてて、印象に残らない文章は
    いくら商品のいいところを伝えていたとしても失格ですね。

    自分の書いたキャッチコピーに、
    人の手を加えてもらうだけで
    スッキリした印象になることもありますよ。

    人に自分の商品の話をする際、
    「この人はこの商品のことをよくわかってないから」
    と決め付けないで、
    一度相手が持っているこちらの商品の印象を
    受け止めてはどうでしょう。





    コメント
    語れば語るほど相手には伝わらないことってありますよね。シンプルに伝えるのが効果的かも?
    • Junco
    • 2009/02/20 11:52 PM
    >Juncoさん
    相手の反応を見ながら語らないと、
    かえって引かれちゃいますよね^^;
    • コージ
    • 2009/02/21 9:19 AM
    飛び込み営業で30分くらぃ居座る人の商品は、買いませんょ♪
    30分もぃるのに、なぜか特徴とか忘れちゃぅんですょ(>_<)
    >shinolabo さん
    30分も居座る人がいるんですね。
    いやー、ウチは飛び込み営業はほとんど無くって、
    助かりますわ〜
    • コージ
    • 2009/02/23 10:13 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM