楽しい

0
    学生時代、決して勉強は好きでも得意でもありませんでした。
    むしろ多くの人と同様、苦痛で、キライでした。
    なのでもちろん、自慢できる成績を残したり、
    自慢できる学校に進めたわけではありません。

    そんなワシが数年前、
    縁あって、ある分野について講師となり、
    教壇で「教える」という立場をいただきました。
    生徒さんの中に早稲田大学(慶応だったかな?)を
    卒業した方がいて、お話をうかがったところ、
    「子供の頃から勉強が楽しくて、大好きだった」
    と言います。

    さもありなん。
    勉強が楽しくて大好きだと感じている人が、
    勉強のことを苦手に感じるはずがないですし、
    勉強ができるようになるのは、至極もっともな事です。

    どうしたら勉強ができるようになるか、よりも
    どうしたら勉強が楽しいと思えるようになるか
    ということを考えると、
    結果的に勉強ができるようになるんだな。
    と思いました。

    それも、努力して好きになる、というより、
    自然に好きになるような環境だとか考え方。。
    強制や義務によって「好き」という感情を
    作り出すことはできないですもんね。

    翻って考えてみるに、当時ワシが教えていた分野は、
    ワシ自身が学校などの学習機関で学んだことではなく、
    自分が興味を持って独自に調べたりしたことだったのです。

    興味を持って調べたりしていたらその分野について詳しくなり、
    結果的に「講師」という仕事に結びついたわけです。
    講師になりたくて勉強し、講師になった、
    というより
    楽しくていろいろとやっていたら、
    その分野での講師という仕事がやってきた。という印象です。

    商売も、ウンウンと苦しんでいるより、
    その分野が楽しくて仕方が無い、と感じている人が
    結果的にはうまく行くんじゃないでしょうか。
    楽しいと感じていると、
    「じゃあこうしてみたら?」
    「こんなことも考えられるよね?」
    といろいろと試すのが楽しくて仕方が無いと思うんですよね。

    一時的にはうまく行かないときもあると思いますが、
    楽しいわけですから、決してイヤになったりしない。

    あー当たり前。
    でもすごい。
    当たり前って、すごい。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM