注力する点、しない点

0
    私の場合、はじめてお話しするお客様(クライアント様)に対して、アンケートをお願いしたり、いろんな質問をさせていただいて、インタビュー(ヒアリング)を行うことがあります。

    多くの場合、そのアンケートやインタビューは、会社やお店の設立経緯から沿革、会社のビジョンや経営目標からはじまって、会社規模、社内体制のこと、競合企業のこと、顧客のこと、商品のこと、プロモーション(販促方法)などのことをお伺いします。

    お伺いしたアンケートの結果を分析して、私はクライアント様への支援方針やアドバイス内容を検討するわけですが、もちろんここではアンケートに対して「お応えいただいた内容」を重視します。

    もうひとつ、気になる点があります。
    それは「記述量」です。
    たとえばアンケートシートをお渡しした場合、ある項目には何も記入がなかったり、素っ気ないお応えが記入されているのに対して、別の項目には記入欄から溢れ出るくらいにビッシリと回答があったりします。

    ここから、お応えいただいた人の持っている「こだわり」を推し量ることができます。

    >>続きを読む


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM