役立つリンクのしかた

0
    ホームページやウェブショップ、ブログを運営してると、
    知り合いの方のホームページにリンクしてあげる機会も多いんじゃないかと思います。

    そのような際、せっかく紹介して差し上げるのですから、
    相手の方に対して、少しでもお役に立ちたいですよね。

    ここで、私の友達のロゴデザイナー、subphyの神田さんのブログ
    リンクして、ご紹介したいと思います。
    以下に、いくつかのパターンを示します。

    ====

    <パターン1>
    subphyのブログ

    <パターン2>
    ロゴデザイン/ロゴ制作のsubphyのブログはこちら

    <パターン3>
    ロゴデザイン/ロゴ制作のsubphyのブログ

    <パターン4>
    subphy
     ロゴデザイン/ロゴ制作事務所です。

    ====

    さて・・どれがもっとも「相手の方にとってありがたいリンク」なのでしょう。

    少なくともパターン1は「それが何のサイトであるのか」がわからないので、不親切ですよね。サイトの閲覧者は初めてsubphyという文字を見るわけですので、それが何であるかわからず、興味も湧きません。
    よって、クリックしてもらえる確率が低いリンクと言うことができます。

    では、パターン1〜パターン4は?
    どれも、業務内容が書かれており、親切なので、効果は同じように見えます。

    ですが、実際は
    パターン3のリンクのしかたが、もっとも効果的です。

    効果的、効果的、っていうけど、何に効果があるのか。
    効果っていったい何か。

    <効果1>
    閲覧者(訪問者)にとってクリックしやすい
    説明文の後ろの「こちら」という部分だけがクリックできるよりも、
    文字列全体がクリックできたほうが、直感的にわかりやすい。
    つまり「ロゴ制作」という部分に興味を持った人も「ロゴデザイン」に反応した人も、その興味を持った部分をクリックすればよい、ということです。

    <効果2>
    検索エンジン対策(SEO対策)になる
    「こちら」という部分や、企業名だけにリンクがあるより、リンクの中に「ロゴ」という言葉が含まれていることが、検索エンジンにとってはとても重要なのです。
    リンクの中に重要なキーワードを含めることで、Googleなどの賢い検索エンジンは、
    このサイトはどうやらロゴに関係するサイトらしい
    ということを自動的に判断し、誰か他の人が「ロゴ制作」というキーワードで検索をした場合、subphyというサイトをより重要なサイトと判断し、できるだけ優先的に表示させようとします。

    ひとつのリンクを工夫しただけでは、如実に効果が現れるわけではありませんが、このような地味な(本当に地味ですよね・・)ちょっとした気の使い方次第で、人のお役に立つことができるのです。




    コメント
    私のブログにご訪問いただきありがとうございます。
    すごいインパクトのあるヘッダーですね。
    ほんのちょっとしたリンクの張り方も、
    キーワードの選定が重要です。
    事例をあげてなので、
    わかりやすく解説されて素晴らしい。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    同じブログ内でこんなに紹介されたのは初めてだったので驚きました!笑
    リンクの貼り方もキーワードを盛り込むと、違いが出るんですね。
    活用します!!
    >kingkangさん
    いつもお世話になっています。
    誰かのブログなどを紹介して差し上げるときなどに、
    ぜひ活用してください^^
    • コージ
    • 2010/04/09 8:41 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS)
    過去問で効率的に突破する! 「中小企業診断士試験」勉強法 (DO BOOKS) (JUGEMレビュー »)
    斎尾裕史
    何をどう勉強するかを、具体的に知るための本。受験者必読。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM